クレジットカードを複数枚作る方法

クレジットカードを複数枚作る方法

自分が作ったクレジットカードは、ショッピング系3枚、銀行系のカード2枚、後はdcmxカードです。
全てショッピングのために作りました。
いわゆるクレカコレクターではありません。

沢山のクレカを作った理由

ショッピング系のパルコ、エポス、ルミネカードを作った理由は、そこでよく買い物をするからです。
駅から近いし、お店は沢山あるし、自分の買い物も、プレゼントも、ここで買い物すれば、いつでも5パーセントオフ、そしてポイントが貯まれば、商品券になります。
銀行のキャッシュカードを作った理由は、クレジットカード機能付きにしたら、キャッシュバックなど特典があったからです。
dcmxは、携帯をdocomoで契約しているため、ポイントを貯めやすくしたかったからです。

クレジットカードを複数枚作る方法

クレジットカードを複数枚作る最大のポイントは審査です。
例えば、別カードだからといって6枚一気に申し込めば全滅するでしょう。
クレジットカードの審査をしている中枢は同じシステムです。
だから6枚一気に申し込めば、こいつは怪しいとチェックされてしまい却下されます。
したがってクレジットカードを複数枚作る場合は、なるべく間隔を空けて申し込みましょう。
最低でも1ヵ月。
2ヶ月空ければバッチリでしょう。

とまあここまで審査は厳しいようなことを書いてきましたが、クレジットカードを複数枚作ると、審査も流れ作業のように思えてきます。
まず手続きは書類のみです。
時間はそれほどかかりません。
ただ、学生の時に作ったエポスカードは、その場で業者さんから親に電話がかかりました。
審査では引っかかったことがありません。
沢山持っていますが、持ちすぎだからといって持つことを許さなくなるという事はないようです。

クレカ複数枚の危険性

金銭感覚が狂うとはよく聞くことです。
ただ、管理をきちんと行うことができたら、ポイントが貯まりますし、割引もあります。
現金で買い物をするよりメリットが多いです。
使った分だけ他の口座に移すなどして、やりくり上手になれたら、クレジットカードは、とてもよいツールになると思います。

Copyright(C) クレジットカード/ランキング特集 by クレカ物語 All Rights Reserved.